aga治療を3年続けるとどうなる?

Posted on
毛髪(女性)1

aga治療は続けるほど効果があります。ただ、中には「効果がない」「どうせ治らない」と決めつけて、諦めてしまう人もいます。agaは進行性の脱毛症なので、諦めた時点で試合終了となってしまうでしょう。「雨垂れ石を穿つ」、どんな小さなことでも根気よく続けていれば成功するということわざです。

今回は、aga治療を3年続けるとどうなるのか、また、治療を3年続ける方法について考えていきましょう。

合わせて読む:aga治療の効果はいつ出る?1ヶ月時点の変化を紹介!

まずはagaについて知ろう

agaはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症と呼ばれています。このagaは成人男性によくみられる髪が薄くなってしまう症状のことで、男性ホルモンが原因となり引き起こされます。男性ホルモンのテストステロンが5α-還元酵によりジヒドロテストステロンに変換されると、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうのです。

agaを発症してしまった男性の毛が薄くなっている部位にはジヒドロテストステロンが高い濃度でみられることがわかっており、額の生え際か頭頂部の髪のどちらか一方、もしくは両方が薄くなっていきます。agaは進行性の症状なため、適切なケアをしなければ髪の毛はどんどん薄くなってしまうでしょう。

agaの治療法は

agaの治療法は、aga専門のクリニックに通い、投薬療法を行うのが一般的です。医師からの診察を受け終えて、薄毛を改善するための内服薬が渡されます。agaの治療薬は大きく分けると2つあり、それは「プロペシア」と「ミノキシジル」です。

プロペシアは、5α-還元酵素を阻害し、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを防止します。そうすることにより、ヘアサイクルの乱れを正常化させ、しっかりとした髪の毛が生えてくるようになるのです。

プロペシアはagaの進行を抑える守りの薬ですが、一方のミノキシジルは髪の毛の成長を促す攻めの薬です。ミノキシジルは血行促進や毛母細胞を活性化させる効果があり、髪の毛が薄くなってしまった部位に毛を生やすことができます。

この2つの薬は作用機序が違うので、併用することでより大きな薄毛の症状の改善が期待できます。

治療を3年続けるとどうなるの

プロペシアを3年間服用するという国内の臨床試験では、98%の方がagaの改善や現状維持効果が認められています。

3年間プロペシアを服用して、頭皮が薄くなってしまった人はわずか2%なので、諦めないでしっかりと治療を継続していくことが大切です。

ただ、プロペシアはagaの進行を抑える守りの薬であるため、髪の毛をしっかりと生やしたい場合はミノキシジルの効果をプラスさせた方が良いでしょう。この2種類の薬品を根気強く使い続けることが、最も効果的な薄毛対策になるのです。

治療を3年続けるために

毛髪10

aga治療をagaクリニックで行う場合、月に1回の通院が必要になります。その時にかかる費用の相場が、約1万5千円~1万7千円ほどなっているようです。この治療を3年間続けるとなると、決して安くない治療費となり、場合によっては治療費が続かなくなってしまうこともあります。

プロペシアやミノキシジルは最低でも効果が出るまで6ヵ月のほどかかると言われていますし、途中で中止するとまた薄毛の状態に戻ってしまうでしょう。治療費が続かないという場合は、ジェネリック医薬品を使用するという方法もあります。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を使っており、有効性や安全性が確認されている後発医薬品です。ジェネリック医薬品の特徴は、新薬と比べて値段が安いということです。新薬よりも製造コストが抑えられているため、薬の種類によっては、新薬よりも4~5割程度安安い値段で手に入れることができます。

プロペシアやミノキシジルと同じ成分が使われているジェネリック医薬品は、個人輸入したり、通信販売で購入したりすることができます。ただし、医師の処方を伴わないため、万が一副作用があった場合は全て自己責任になるので注意しましょう。

agaクリニックでもジェネリック医薬品を取り扱っている場合があるので、安全で廉価な薬を求める場合は医師に相談してみると良いでしょう。

薬に頼るだけではいけない

毛髪2

agaの発症は遺伝の影響も大きいですが、後天的にagaを発症する原因のほとんどは、生活習慣の乱れと言われています。

そのため、治療薬を使って治療しても、生活習慣の乱れを正さなければ薄毛治療の効果も弱まってしまうでしょう。agaの治療を行って「思ったように薄毛が改善されない」「髪の毛があまり生えてこない」というような状況を避けるために、治療と生活習慣の改善を並行して行うことが大切です。

生活習慣の見直しのポイントは、栄養バランスのとれた食生活、質の良い睡眠、運動不足の解消、ストレスをできるだけため込まないようにするなどです。また、頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行をよくすることができます。

頭皮の血行をよくすることで新陳代謝を促し、育毛促進効果や、抜け毛予防などに効果を発揮することができるのです。そして、髪の毛に悪い生活習慣に、お酒やタバコがあります。アルコールは薄毛の原因になりますし、タバコは血行不良を招くため、髪の毛に悪影響を与えます。

飲みすぎ、吸い過ぎにはくれぐれも注意しましょう。